エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年02月27日

カテゴリ : 設計のヒント

第7回 良い設計について

 LCAを効果的に実行するためには、まず「良い設計」の思想を理解した上で、LCAの構想を行う必要があります。

 LCAの「良い設計」について考えてみましょう。
 設計製作されるLCAを評価する最も身近なユーザーは、それを使用する製造現場のオペレータです。したがって、LCA設計者は、オペレータに対して「良い」提案ができる能力が最も必要となります。そのためには下記の能力がLCA設計者には必要です。

1. 製品について知識がある
2. 製品の製造プロセスとその作業内容に熟知している
3. 製品のコスト構成が理解できる
4. 関連する生産技術についての見識を持っている(または、理解できる)

 また、「良い」という表現の言葉は、その時代のニーズに応じてさまざまに変転しています。初期の自動化以降、投資対生産性効果のコストパフォーマンスを評価基準とする企業完結的な視点が主でしたが、最近では、社会システム(例えば、廃棄処分費用)への影響度も評価視点として問われています。代表例として、ライフサイクルコスト(LCC:注記-1参照)の項目も重要な検討課題となりました。

注記-1
ライフサイクルコスト(LCC : Life Cycle Cost)
 ハードウェアの開発製作から廃棄処分するまでに要するトータルのコストパフォーマンスを評価する考えです。下記の式で定量評価が行われます。

数式画像

 したがって、LCA設計者は身近なオペレータからのニーズと併せて、社会システムとの関連も含め効果的な設計をする必要があります。機能面で含まれるべきキーワードと「良い」LCAは次の項目に集約できます。

LCAの必要機能 (VQCDPSL)目指すべき「良い」LCA
V:価値(Value)の機能を実現させるLCA製品仕様を最小のばらつきで実現させるLCA
Q:品質(Quality)の同上不良ゼロで製品品質を実現させるLCA
C:コスト(Cost)の同上償却費が小さいLCA
D:タイミング(Delivery)の同上製作期間が短い、変種対応が容易なLCA
P:生産性(Productivity)の同上使いやすく変種対応が容易なLCA
S:安全性(Safety)の同上安心して使えるLCA
L:ライフサイクルコスト(LCC)パフォーマンスが高いLCA維持費、廃却費が少ないLCA

 次回は「多種少量生産のニーズに対する「良い設計」について考えてみましょう。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る