エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年03月06日

カテゴリ : 設計のヒント

第8回 多種少量生産対応の良い設計について

 多種少量生産ラインのLCAの良い設計について考えてみましょう。

 はじめに設計のプロセス(【図1】参照)を整理してみます。設計とは、何かを実現したいとのニーズが生じたときに、その「何か」を作り出すための全ての情報(ここではLCAの性能、LCAを作るための図面情報、LCAを使うための情報)を決めてゆくことです。ここで多種少量生産に対応するためには、何も考えずに設計プロセスを進めれば、生産品目ごとに設計図面が必要となり、その結果、べき乗の倍率で仕事量が増加します。実際、企業が提供する製品群は多様化(バラエティ化)しています。

図1

 この多様化の対応として、VR(Variety Reduction)設計アプローチがあります。

【表】VR設計アプローチ
解説A)「固定—変動」設計アプローチB)「組合わせ」設計アプローチ
1.固定部は基本仕様実現ユニット
2.変動部は多種仕様対応部分
3.固定+変動で多種対応
1.LCAを製品/ユニット/部品の階層に展開
2.部品、ユニットを簡素化・互換機能を持つ設計とする
3.ユニットと部品の組合わせで多種対応
ワールドカー構想では、プラットフォーム(基本的な車体構造)を固定部、各国仕様の外装・内装・周辺構造を変動部として設計/製作することで、多種対応がなされる。マウンテンバイクでは、使用者の体形に合わせて、フレームの選定から周辺付属部品までが選定でき、それらの組合わせで1品毎の個客対応が行われている。
LCA固定部=ベースマシン
    プログラム言語
    入出力仕様 など
変動部=ワークホルダ
    工具ユニット など
リニアガイドスライドユニットなど
・1軸スライドユニット
・2軸(X-Y軸)スライドユニット
・上記の部品の互換化

 次回は、設計作業全体について整理します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る