エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年03月13日

カテゴリ : 設計のヒント

第9回 LCAにおける設計の重要性

 構想から製作図面作成までの設計業務の出来具合で、LCAの成否はほぼ決まる。

 設計とは、製作するLCAについての全ての情報(LCAの性能、作るために必要な図面情報、使うための情報)を設計者が考え作り出す作業といえます。設計からLCAの完成までのフローは【図1】となります。

図

【表1】LCAのローコスト化とLCA設計の関係
購入品のローコスト化(1)VR設計アプローチ(第8回で解説)の「固定部」に多用
(2)互換設計で購入品の遊休化を抑えLCC(第7回で解説)を低減
(3)適正仕様の選定(オーバースペックを避ける)
加工品のローコスト化(4)加工費が安価にできる設計(材料選定、形状、公差、など)
(5)部品点数を少なくする設計
組立/保全のローコスト化(6)組立しやすい設計(組立基準、組立方向、部品共通化、など)
(7)解体/修理のしやすい設計、など

 LCAが出来るには、LCAの機能をポンチ絵などでアイデアを固め、設計図面の作成から製作図面の作成と仕事が進められます。ここまでの設計プロセスは、アイデアという抽象的な考えを図面情報に仕上げる作業です。
 設計作業以降は、設計図面に従い部品製作や購入品を調達し、それらの組立やプログラムの作成の作業などとなります。これらの作業内容は全て「設計」により決められた内容で進められます。したがって、優れたLCAの実現は優れた設計で決まるものといえます。
 LCAを含む生産設備は、ネジやバネなどの購入部品とモーターなどの購入機械要素、及び材料から加工される加工部品(制御用プログラムを含む)から成り立っています。それぞれに対するローコスト化の考えは次のように整理できます。併せて組立作業並びに保全作業のローコスト化と設計の関係も整理しました。この表からも、LCAの成否の比率は設計に大きくかかっていることが解ります。

 次回は、LCAでこそ重要な安全設計について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る