エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年04月13日

カテゴリ : 設計のヒント

第12回 LCAの部品供給機構

(2)ベースマシンについて

 組立用LCAでは、部品供給機構は対象ワークの多様性(形状、機種など)から最も難しいものです。巧みな部品供給用LCAを設計製作するには、作業者が行う器用な手作業を分析し、類似のLCA機構を必要とします。
 しかし、構想する工程を広げ前工程での部品排出の荷姿を利用することで、簡便にマガジンなどに部品整列させることも可能です。
 部品供給作業は次のように作業分解できます。したがって、部品供給用LCAの設計では、分解された各作業をローコストで機能実現せることが基本的な考えです。

部品供給=貯蔵+整列+給送+分離

a)貯蔵一定時間に必要な部品数を蓄える機構
ばら積み・・・・整列させない貯蔵状態 ← 分離し易い部品に適用
そろえ積み・・・整列させた貯蔵状態 ← 分離が難しい部品に適用
b)整列方向姿勢をそろえる機構
c)給送整列位置から作業位置まで部品を送る機構
重力、振動、空気流、やアクチュエータなどを用いて移送
d)分離整列状態の部品を1回の作業に必要な数量だけ取り出す機構

マガジン方式(【図1】参照)パーツフィーダ方式(【図2】参照)
・そろえ積みのため部品供給の信頼性が高い
・マガジン詰めにパーツフィーダを利用し省人効果を得る工夫など
・ばら積み方式を採用
・部品不良等による稼働率変動がある

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る