エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年05月08日

カテゴリ : 位置決め技術

第16回 ワークホルダの機能

 搬送された部品類を確実に保持し組付け作業がしやすい状態を維持したり、次の工程に搬送する治具をワークホルダと呼びます。ワークホルダに必要とされる条件を紹介します。ミスミのface:fa用メカニカル標準部品資料の見開き部の「標準部品使用例:2」にある組立図【図1】を参照し、下記の必要条件を確認してみて下さい。 図1

■ワークホルダ機能の必要条件
1. ワークを必要精度の状態で安定よく確実に保持する
2. 取り付け、取り外しが容易である
3. 関連する工程での作業が容易なように保持する
4. 耐久性、剛性が充分ある
5. 複数個ある場合は互換性、均一性(各ワークホルダで同じ品質・生産性が得られる)を有する

 ワークホルダの出来具合は特に品質に大きく影響を及ぼします。したがって、ワークホルダの設計では次の項目が重要です。

■ワークホルダ設計の重要項目
1. ワークの位置決め基準面を選択する
2. 組付け仕様にある定義された組付け基準位置を使用する
3. 異物やゴミなどの外乱要素の影響を避ける構造とする
4. ワークへのキズ不良やワークホルダの磨耗を極力さける材料を選定する

 身近な消費財の中には参考になる安価な構造のワークホルダがあります。【図2】はボールペンの断面図です。このボールペンは5個の部品から構成されたもので、ペン軸(ワーク)をペン体(ワークホルダ)で効果的に保持する構造と解釈できます。

ワーク・・・ペン軸(インクが入っている芯軸)
ワークホールド構造・・・プラスチック弾性体とペン体でペン軸を位置決め
ワークホールド力・・・ばねの反発力
ワークの取り付け/取り外し・・・プッシャ押し込み/角ボタン押し込み
図2

 次回は【図1】のワークホルダ組立図を用いて、設計のポイント、材料選定などの解説を予定します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る