エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年05月29日

カテゴリ : 位置決め技術

第19回 簡易組立治具のワークホルダ

 ここでは、ワークホルダ構造を持つ簡易組立治具(【図1】ミスミFAメカFace2000より)を例に、さらにワークホルダの解説を加えます。
 この構造は、ワークホルダ機能を持つセット治具がY軸方向に手動にて位置決めが可能で、Z軸方向にブッシュ式の可動案内を持つ標準的な簡易組立作業用治具です。この構造における標準部品の仕様選定の解説を行います。
図

ワークホルダ部
部品名称材料仕様表面処理解説
フラットバーSS400D(注1参照)ナシしゅう動案内のカバー機能であるため表面処理、硬度指定は不要
ストッパボルト(取り出し側)ワッシャ付ウレタンストッパ
SCM435(注2参照)
ナシ取り出し用の位置決めストッパのため、精度不要。感触を優先し選定
ワークホルダベースS45C硬質クロムメッキしゅう動案内面であるため、耐磨耗処理が必要
ストッパボルト(位置決め用)六角穴付ウレタンタイプ
SCM435
ユニクロメッキ位置決め精度を保証する部品である(注3参照)

注1:SS400Dとは
 最も一般的は軟鋼材です。SSはSteel Structureの略です。400は鋼材の引張り強さの表示値で400MPa以上であること。含有炭素量が0.1%以下であるため焼入れ効果は得られません。支柱、フレーム、ケーシングなどに多用されます。

注2:SCM435とは
 S45C材より強度、耐磨耗性に優れるクロムモリブデン鋼。SはSteel、CはクロムのC、MはモリブデンのMです。435の4はクロムとモリブデンの含有量表示指標です。35は炭素含有率0.35%の意味です。

注3:図2【図1】の位置決め用ストッパボルトは、ワークホルダベースに垂直に立てていますが、ワークホルダとZ軸の加工位置とをさらに高精度に調整する必要がある場合は、ストッパボルトを横向き構造とし位置調節によりストッパ位置をだす方法が安価で、また多機種対応性も有します(【図2】参照)。

 次回は、色々なワーク形状に対する固定機構について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る