エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年08月07日

カテゴリ : エアー駆動

第29回 空気圧シリンダによる推力方向・多段位置制御法

 複数の空気圧シリンダを組合せて多機能化した複動シリンダには、両ロッド型、多位置型、デュアル型、耐横荷重型、ロングストローク型などの種類があります。ここでは、2本のシリンダを背中合わせに連結したデュアル複動型シリンダ(【図1】)を例に、推力方向制御や2段・3段の多段位置制御の仕組みを解説します。

図1

(a)推力方向の変更を伴なう多段位置決め制御の例

図

 デュアル複動型シリンダは、大きなシリンダ出力を要求されるとき、直径方向には取り付けスペースがとれないが軸方向にはスペースがある場合などに採用されます。

(b)その他の空気圧シリンダの位置決め方式
ブレーキ付き空気圧シリンダ
 ブレーキで任意の位置に停止することができるシリンダ
ポジショナ付き空気圧シリンダ
 位置センサを持ち、入力信号に対して一定の関数になるように位置決めできるシリンダ

 などがあります。

 次回は、空気圧回路のシンボル記号表示の基礎を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る