エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2001年11月06日

カテゴリ : 直動部品

第40回 しゅう動案内の解説−その6:リニアモーションガイド取付のポイント

 直線案内レールは、取付面基準に対して垂直方向、水平方向の2方向にねじ締付けにより固定されます。この直線案内レールは長い弾性体なので固定用ボルトの締付け力により変形を生じうねり誤差になります。ここでは、垂直方向、水平方向それぞれのねじ締付けのノウハウを解説します。

(1)レールの垂直方向の取付方法

 リニアモーションガイドの垂直方向の運動精度は、2個のモードから成っています。(【図1】参照)

図1

1. 固定用ボルトピッチに応じた変動
2. コロガリ軸受け用ボールの通過振動


 1.の要因は、レール固定用ボルトの締付けにより、レールが変形を生じるためです(【図1】)。対策はボルトの締付けトルクが均等になるようにトルクレンチを使用し、軽く締付けで全体を固定した後に、増締めで固定する要領です。
 高精度品はボルトでレールを固定した状態で仕上げ加工し、ボルトの締付け誤差を最小にするなどの工夫がなされています。 レールの取付面は研削加工で真直度と粗さが高精度に仕上げられています。また、レールの取付面も一般には研削加工で、同様の加工精度を出します。しかし、細長い形状のために、取付基準面に、隙間無く固定する必要があります。
 水平方向の取付には、リニアロック(ミスミカタログNO.LLT)が便利です。(【図2】参照)

図2

■使用例
1. レールの固定用ピッチ穴と同じピッチで、リニアロック取付穴加工を行なう。
2. リニアロックを取付穴に挿入後、リニアロックツバ部の偏心によりレールを取付面に押し付ける。
3. リニアロックの固定用内部ねじを締付けて固定。


 リニアロックの締付けも、1)のレールの固定ねじの締付けと同時に行ないます。ダイヤルゲージなどで、レールの垂直・水平方向のうねり状態を確認しながら固定を行ないます。

 次回は、リニアモーションガイドの潤滑法と特別仕様を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る