エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年03月12日

カテゴリ : 生産技術

第57回 接着技術のLCA−その4:接着樹脂の噴射塗布法

 搬送中のワークを停止させることなく接着剤の定量塗布を要する場合や、高精度の微量塗布制御を要する場合などに非接触型の噴射塗布法が用いられます。使用に当たっては下記のような塗布量の安定化維持の勘所があります。

(1)非接触噴射塗布法の勘所

 ここでは、ガラス基板同士や水晶振動子とセラミック基板の仮接着を紫外線硬化型樹脂で行なう場合をモデルとしました。
 要素作業を次のように分類します。【図1】の噴射塗布解説図と併せて理解して下さい。

要素作業解説LCAハード
UV樹脂の脱泡処理
圧力エネルギーを用いて定量噴射を行なう場合、圧力の作用を安定させるために接着剤の脱泡処理が必要
・真空脱泡器
噴射式ディスペンサのウォーミングアップ
接着剤の塗布量安定化のために、下記のウォーミングアップが重要。

1. ディスペンサ容器の加温による接着剤粘度の安定制御
2. 作業開始時はワークへの噴射塗布前に数回の空噴射を行い、ディスペンサ先端の接着剤状態を安定化させる
・噴射式ディスペンサ
・加温ユニット
・ディスペンサノズル
噴射塗布
圧力x圧力時間、噴射インターバル、吸引圧制御等のパラペーターで塗布量と塗布位置を制御する
・圧空制御ユニット
メンテナンス
定期的にディスペンサの先端ノズルの洗浄を行なう
・超音波洗浄器
・ビーカー

図1

(2)その他の留意点として

1. 紫外線硬化型樹脂は使用環境の蛍光灯の光との反応で、長時間の間に粘度が変化します。紫外線硬化型樹脂を入れるディスペンサ容器は、光遮蔽シールで被覆することをお勧めします。
2. 塗布量のバラツキを少なくするため、空気圧供給配管チューブの長さは出来るだけ短くすること。
3. 噴射塗布が可能な粘度範囲があります。接着剤の粘度選定が重要です。
4. 室温変動により接着剤の粘度変化が生じ、塗布量を変動させたり、1ショットの切れが悪くなる場合があります。樹脂の粘度の安定化が重要です。

 次回は、接着剤塗布前の洗浄プロセスのLCAの勘所を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る