エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年04月16日

カテゴリ : 生産技術

第61回 加工プロセス用LCAのまとめ

 第53回から第60回まで「これからのLCA」として「加工」の要素作業のLCAを解説してきました。今回はそれらのまとめです。

(1)要素作業とLCA

 各要素作業(移動、位置決め、加工、検査、梱包、保管)のなかで付加価値を生むのは「加工」です。したがって、LCAのポイントは「加工」にあります。
 一方、移動、位置決め、検査の要素作業は人間が不得意な1. 精確さ、2. 持続性、3. 情報処理速度などを必要とするため機械化・自動化の重要なテーマといえます。

(2)要素作業とLCA

 新製品開発の試作や生産準備の段階では、多くの予期せぬ問題が生じます。この解決には、多くの現場経験や製品・部品の知識を有したベテラン技能者が特に力を発揮します。このことから新製品段階のLCAは、ベテラン技能者の総合判断能力を活用するハードウェア(治具、簡易自動機、簡易検査器)が発想の基本です。賢いLCAの追究がテーマです。

図

(3)究極のLCAとは

 ベテラン技能者の総合判断能力(学習能力を含む)と機械の特徴(前述)を兼ね備えたソフトウェアとハードウェアの手段が「究極のLCA」と考えられます。

■例

 エレクトロニクス製品のはんだ付け作業の研究では、はんだ溶融状態を複数台の画像センサーを用いて並列高速演算し流動状態を定量データー化させ、ベテラン技能者の感覚(立体形状、光沢など)のように判断させる試みが進められています。

 次回から、移動の要素作業の代表である搬送のLCAを解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る