エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年05月21日

カテゴリ : 設計のヒント

第66回 搬送のLCA−ワールドカップ特集号No.1

 2002FIFAワールドカップが迫ってきました。LCA講座も2002ワールドカップ特集を企画しました。

(1)2002ワールドカップと搬送のLCAの関係は?

 サッカーは人体が生じえる最大のパワー部位:脚を主な道具として、ボールを相手ゴールに搬送するスポーツと解釈すれば、最も興奮できるLCAと言えるでしょう。(ロボットコンテストの最終目標がサッカーで人間と競うことのようです。)

(2)ボールコントロールの勘所は?

 フランスチームのジタンがサッカーボールの変わりにヤカンを自在にボールコントロールするTV-CMがありますが、プロは体のいたる所で自在にボールコントロールができます。しかし、試合の場面では、相手ディフェンダーの妨害やグランドコンディションなどの条件下でより早くボールを処理しなければなりません。
 ボールコントロールの勘所は手の指先(指先の動きまでを含めた全筋肉のバランス)にあると見ています。一流プレイヤーのシュートやドリブル中の写真では、必ずといってよいほど手の指先に特徴が見られます。走っている体の状態に対してボールにコンタクトする足を自在に制御するために、手の指先が異形に曲がるのではないでしょうか。マラドーナの「神の手」ゴールはその最たるものか?
 皆さん、サッカーの写真で確かめて下さい。

(3)唯一の道具:サッカーシューズの変遷

 実際にプロが使用しているサッカーシューズの変遷はわかりませんが、店頭に登場したサッカーシューズの変遷をピックアップしました。

■1. ボールコントロール機能<バナナシュートのLCA>

 シューズ表面の摩擦抵抗を大きくしボールの回転機能を増すため、ゴム系素材を縫合したり、縫い目で表面形状を工夫

■2. 省エネ機能

 軽量化、シューズ底板の新機能構造化(弾性特性、エアーマウント)

■3. 安全機能

 足首の前部を保護するために「ひだ」がさらに長くなっている

(4)LCAのワークコントロールの勘所は

 サッカーのボールコントロールの勘所がボールにコンタクトする足の自在な運動制御だとしても、これをものにするにはあらゆる訓練が必要なことは想像できます。
 LCAのワークコントロールも対象は異なりますが、たくさんの要素が求められます。
 【写真】は独国のDVMA Robotics + Automation 2000/2001カタログからの資料です。マイクロギアをハンドリングしている指先ツールから、欧州チームのワークコントロールの実力を想像してください。

写真

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る