エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年05月28日

カテゴリ : 設計のヒント

第67回 搬送のLCA−ワールドカップ特集号No.2

 ワールドカップ特集号NO-2.は戦略についてです。

(1)サッカーの戦略(Strategy)

 ポジショニングのかたちから3-5-2型や4-4-2型のような呼び方がありますが、攻守の流れを含めた歴代の代表的戦略を紹介します。

■カテナチオ(かんぬき)

 イタリアが70年代に採用した戦略。鉄壁の守備でゼロ点に抑え、絶妙の速攻で点をとり勝つスタイル

■トータルフットボール

 80年代にオランダが追究した多能プレー(多能工に匹敵)に基づく全員攻撃全員守備のスタイル。それまでは各ポジションの選手は決められた役割(ポジション機能)をこなす試合展開でしたが、トータルフットボールで、その場の状況に応じて選手が流動的に役割を変えるゲームになりました。今では常識ですが。

(2)戦略の進化

 グランドの中盤での攻防が大きなカギとなるため、ディフェンスラインとトップの間隔を出来るだけ狭くするコンパクトな戦略スタイルに進化しています。そのため、以前は使われなかった「ボランチ:ハンドルの意味」の呼び名で、ディフェンシブハーフでかつ攻撃の起点機能もつかさどる役割が重要となってきました。

(3)LCAの戦略と進化

 中国の兵法のことわざに「敵を知り己を知らば、百戦危うからず」があります。
 LCAの戦略もこの兵法の考えが重要です。まず「己を知る」、即ち、対象とする製品とその市場、並びに所属チームの特徴などを再認識することが重要です。その上で、LCAの進化では、「他業界の最適メカニズムシステムとのコラボレーション」が効果的だと考えます。
 己を知ることと同時に、外の世界のレベル(ワ-ルドカップ)の視点が有効です。欧州の機構ではカム・リンク機構による巧みな運動制御の指向性があります。
 【写真】は独国VDMA Robotics+Automation 2000/2001カタログからの資料です。ワインの全自動箱詰め装置のマテハン機構に複数のリンク機構が採用されています。コンパクト・高速・高剛性などの特徴が予測されます。

写真

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る