エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年07月23日

カテゴリ : 設計のヒント

第75回 搬送のLCA−搬送の機械化度合い:人作業−2

 人には機械にない下記の特性があります。LCAの設計に活かすと効率化が得られます。

(1)人の特性

(1)学習

 機械システムでもコンピュータシステムのように情報(データー)とプログラムを与えれば、一定のルールに従い動作やデーターの貯蔵・記録、指示などが可能ですが、人間は過去の経験を基に自分の行動を変えることができます。機械システムをはるかに上回る能力です。

■学習パターンの例
1. 一つの行動(技術習得、作業習得)を繰り返し練習する。
 例:*キーボードのブラインドタッチ操作
   *半田付け作業などの習熟
2. 試行錯誤により対面している課題の解法を選択してゆく。
 例:*ジグソーパズル
   *異形部品の挿入組立
3. 以前の経験に基づく学習効果
 例:*手動機械で訓練した人は簡単な説明により自動機械の操作が可能

(2)訓練の伝達

 訓練のパターンを類似化させることで、過去の学習効果が活かされ効率化が得られる。この特性を利用して、操作動作を類似に設計することがLCA設計のポイントです。

■訓練の正の伝達

 現在の学習が過去の経験に類似したパターンの場合は覚えが早い。

■訓練の負の伝達

 同上が過去の経験と異なる(または反対)パターンの場合、効率低下や事故につながりやすい。

(3)動機づけ

 動機づけにより上に挙げた特性は向上しましが、精神的疲労や不安につながる場合もあります。改善の主体を作業者と位置づけるアプローチは、この動機づけ効果によるものです。

 次回は、重力利用の搬送を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る