エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年08月20日

カテゴリ : 設計のヒント

第78回 搬送のLCA−治具・簡易機械化

 この回から治具・簡易機械化について、特に「からくり治具」に関連する話題を解説してゆきます。
 コンピュータを用いたNC制御と各種の駆動モータと案内機構、機械要素部品を使えばいかなる運動も実現できるといえます。したがって、前者はまさしく「超からくり」といえますが、欠点があります。
 その反面で、通称「からくり治具」と呼ばれる簡易な機構の生産手段の補助としての道具が話題となっています。からくり治具とは1個ないし数個の少ない駆動源を活用して、狙った動きを実現させるシンプルな機構です。この「からくり治具」次の3つ特徴を持つものと言えるでしょう。この結果、安価にできます。

図

 3つの特徴はその下の項目でサポートされます。

人間工学と簡易治具の関連は、第74回で簡単に解説しました。使いやすさの重要な視点は、生産ラインの流れとそれを使う作業者が主役であることです。
短納期化の実現には、精度を要しない箇所では、加工のし易さから材料に木材、紙なども使います。
運動機構のメカニズムは、駆動エネルギーを運動制御に変えるメカニズムで機構学などに通じる項目です。次の機構要素がその代表です。写真は木製の歯車とカム・リンクを使った糸を捲き取るアンティックツールです。
1. リンク機構(Link Mechanism)
2. カム機構(Cam Mechanism)
3. 摩擦伝動機構(Friction Gearing)
4. 歯車伝動機構(Toothed Gearing)
5. 捲掛伝道機構(Belt or Chain Driving Mechanism)

 ※参照:芦葉精三郎著 機械運動機構 技報社

写真

 第62回から「搬送のLCA」をテーマに解説を続けましたが、これ以降は、ワークを狙い通りに動かすメカニズムとして、移動・位置決め・加工(組立)などすべてに応用可能な「からくり治具の素(モト)」を色々と紹介してゆきます。「からくり治具の素(モト)」を簡易治具の設計データーベースとして活用し、各人各様の「理にかなった工法」を構想し、知恵を絞って、なるほどといわせるLCAを実現してください。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る