エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年08月27日

カテゴリ : 設計のヒント

第79回 からくり治具の素:概論

 からくり治具の素である運動機構のメカニズムは、駆動エネルギーを運動制御に変えるメカニズムで、運動の伝達と動力の伝達の2つの機能を持っています。1つの「からくり治具の素」は、その強度や材料を適切に選定することで、加工用にも制御用にも利用できます。

図

 からくり治具の素が作り出す運動の種類は下記が挙げられます。

1. 回転運動 → 揺振運動に変えるメカニズム
2. 回転運動 → 直線運動に変えるメカニズム
3. 直線運動 → 回転運動に変えるメカニズム
4. 間歇回転・往復運動のメカニズム
5. 変速・減速・早戻りのメカニズム
6. 方向変換のメカニズム
7. 倍力のメカニズム
8. 直線・平行運動のメカニズム
9. 3次元運動(カム利用)のメカニズム
10. 動力伝動のメカニズム

 初めに、第78回で紹介した写真(歯車、カム・リンク機構の糸捲器)の回転運動 → 直線運度に変える「からくり治具の素」を紹介します。なお、回転運動 → 直線運動に変えるメカニズムは、そのメカニズムを反転して使用すると、直線運動 → 回転運動に変えるメカニズムとして多くは使用できます。人間の運動は回転作業が直線作業より容易なため、簡易治具類は回転運動 → 直線運動の変換が多いようです。

(1)回転運動 → 直線運動に変えるメカニズム

(1)螺旋溝による往復直線運動(【図1】参照、第78回写真に関連)

 円筒カムの表面に連続した螺旋溝を形成し、螺旋溝に沿ってしゅう動する楕円形状スライダーを配置させることで、円筒カムの回転にしたがい楕円形状スライダーは往復直線運動をおこなう。

図1

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る