エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2002年11月26日

カテゴリ : 設計のヒント

第91回 からくり治具の素:変向機構−2

 回転軸が同一平面にあり、その2軸の成す角度が90度以上の機構の場合に、コイルばねを用いて2軸を連結させ、原動軸の回転を従属軸に伝えることができます(【図1】参照)。

図1

 このコイルばねを用いた連結—変向機構は、従動軸側の角度が90度以上の範囲である程度自由に変更できるため、伝達角度のフレキシビリティ性を利用して、対象製品のランク分けや組付け調整を要する機構などに応用できます。
 多機種化対応を行う場合の従属軸側の軸の連結方式の例を【図2】に示しました。

図2

 なお、連結部品にコイルばねを採用しているため、次の欠点を念頭に機構設計に応用してください。

■欠点(回転変向性能の限界)
1. 2軸が成す角度(図1のθ)が小さくなる(90度以下)になると、回転伝達が不安定になる。
2. 高速回転や回転速度が変化するものへの採用では精度は望めない。
3. コイルばねの螺旋方向と軸回転方向を一致させる必要がある。
4. コイルばねの疲労による破断等が伴う。

■応用例
1. 多機種対応型の回転調整機構
2. 小さな回転トルク伝達機構
3. 回転式の簡易調整機構

 次回は、小さな力(人力)で大きな力の作用が得られる倍力機構を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る