エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2003年03月18日

カテゴリ : 駆動機構設計

第105回 動きを持つ構造設計−1

 簡易自動機(LCA)は、次の基本構成からなりたっています。
(復習:第6回

図

 これまでの解説はメカニズムや機械要素部品の使用法のポイントを中心に行ってきました。以降では、人力を前提とするLCAではなく、1.ある程度高速駆動させるLCA、2.長時間にわたりプログラム化された運動を繰り返すLCA などを対象として動きを持つ機構設計を解説します。

(1)動きを持つ機構設計と関連する工学

 「からくり治具の素」として紹介した色々な動きを作り出すメカニズムは機構学と関係します。そこでは高速運動は考えず、「力のつり合い」程度までを念頭に置けば設計が進められます。
 高速運動やある程度複雑な運動制御を行う機構設計に対しては、「力学」と「振動学」の基礎をある程度マスターすることが望ましい。それは、加工部品の強度やアクチュエータの選定の場合などに、それらの根拠が検討されている場合、設計の失敗が少なくできることと、失敗しても再度設計変更によりスキルアップが可能だからです。

 動きを持つ機構設計と関連する工学は【図1】です。

図

 以降の講座では、静力学・動力学を含めて動きを持つ機構設計を、ミスミFAメカニカル標準部品カタログ:技術データの{技術計算}の解説も交えながら、出来るだけ分かりやすく解説してゆきます。

 次回は、力学とLCAについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る