エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2003年08月05日

カテゴリ : 駆動機構設計

第123回 動きを持つ構造設計−18:センサーの使い方−3

 ここでは、直進運動の原点や稼動限界の設定、ワークの有無の確認などによく使われる光電センサについて解説します。

(1)光電センサの種類と特徴

形式センサ形状センサ構成特徴ミスミカタログNO.
透過型対向透過型検出範囲が広い
検出距離が長くとれる
検出が安定している
PEX11□
PEX11E□
PEX13□
透過型溝型検出位置精度に優れる
調整が簡単
FPM□24
FPM□44
FPM□54
反射型回帰反射型長い検出距離でも検知できる
光軸調整が簡単
PCX□
反射型拡散反射型一方向から検知
調整によりほとんどのワーク検出が可能
-

(2)スライドガイド機構の位置決め制御の事例

 スライドガイドとボールネジの構成からなる直進運動機構の位置決め制御には、検出精度が良い溝形の光電センサが採用されます。
 【写真】はX軸-Y軸の2軸ロボット機構です。X軸、Y軸それぞれに3個の溝型光電センサを取り付け直進運動を制御しています。

写真

 両端の2個は、直進運動の稼動範囲の限界を制御するためのリミットセンサで、中央のセンサはステッピングモータの回転開始の原点を定めるセンサです。この原点センサの位置(モータの回転角度位置)を0パルスとして位置決めしたい位置までの距離(回転角度)をパルス数でプログラミングします。
 可動体の側壁にセンサドグと呼ばれる遮蔽板を取り付け、このセンサドグが光電センサの検出ビームを遮蔽することで可動体の位置が検出される仕組みです。
 センサはセンサ用レール(SEN□Bなど)上で簡単に位置だしを行うことができます。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る