エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2003年09月09日

カテゴリ : 駆動機構設計

第128回 動きを持つ構造設計−23:操作スイッチ構成

ここでは、プログラムにより自動で動く、自動機の操作スイッチの構成の基本を解説します。事例として、2003FAメカニカル標準備品カタログにある『見開きの標準部品使用例:1』の上段右端を使用します。

(1)自動機の操作スイッチ構成の基本形

 この機構事例は、モータ駆動のX-Yテーブルとエアーシリンダ駆動Z軸ハンドユニットで構成されています。自動機の操作スイッチ構成の基本形は下記です。配置は【図1】を参照ください。

図1

 種類ミスミカタログNO.
[1]非常停止スイッチ赤色D16LMR-3-10-R
[2]開始スイッチ緑色D16LMT1-1K-G
[3]停止スイッチ赤色D16LMT1-1K-R
[4]原点復帰スイッチ緑色D16LMT1-1K-G
[5]自動運転緑色D16LMT1-1K-G
[6]手動運転白色D16LMRT1-1K-W
[7]ステップ送り
(ステップ送り駆動数分の個数)
白色D16LMRT1-1K-W
[8]リセット黄色D16LMT1-1K-Y

(2)操作スイッチの構成内容システム構成の解説

 基本のスイッチ種類は下記です。色分けで関連スイッチが分類してミスを防止します。

■原点復帰スイッチ:[4]・・緑
 原点復帰スイッチのスイッチを押すと、位置制御が必要な駆動軸は原点センサで原点位置だし動作を自動的に開始した後に所定の位置で停止します。

■手動運転:[6]・・白
 手動運転スイッチを押すと、ステップ送り([7])のスイッチが制御可能となります。この状態で、[7]の複数のステップ送りスイッチで個々の駆動機能が確認できます。組立初期の位置調整やトラブル時の対処時に多用します。

■自動運転:[5]・・緑
 自動運転のスイッチを押すと、その後に開始スイッチ([2])のスイッチが機能します。開始スイッチONにより自動運転が開始します。以降は開始スイッチの繰り返しでプログラムされた運転が繰り返されます。

■リセット:[8]・・黄
 エラーが発生した場合や非常停止スイッチを押した場合には、リセットスイッチ([8])で回路状態を初期化します。エラーの原因を確認した後に、原点復帰スイッチで再開状態に戻します。

■非常停止:[1]、停止:[3]・・赤
 一般操作時の停止および緊急の場合の停止は、赤色のスイッチで識別させます。非常停止スイッチは通常の操作盤上のほかに、作業時に手を差し伸べやすい箇所に増設することもあります。

(3)操作スイッチの構成内容システム構成の解説

 インプロセスで装置状態をモニタリングする必要がある場合などは、モニター対象に状態感知センサを設置して異常感知信号を表示させます。装置の安全性/高稼働率/高精度の確保などが目的です。

 次回は、電源BOX内部のレイアウトについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る