エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2003年10月28日

カテゴリ : 駆動機構設計

第134回 動きを持つ構造設計−29:X-Yテーブルの直角組付け方法−2

 再度、高精度組付けが熟練を要さずに出来る設計図面の作成の流れを整理しました。

図

事例解説

 上のa〜dの流れに沿って解説します。

(a)精度を要する装置部位の抽出

 ここではX-Yテーブルです。

(b)組付け作業を構想(【図1】参照)

図

(c)組立図から関係する部品抽出

 上記b)の赤い太字の3部品となります。(【図1】参照)
 *ベース
 *Y軸ベース固定板
 *Y軸ベース

(d)各部品の組付け作業基準を一致させながら精度実現の寸法を記入

 【図1】に示しています。この基準面から、組付け用基準ピン穴の加工位置を指示します。

図1

 詳細は、次回、第135回に続きます。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る