エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2004年04月02日

カテゴリ : ローコストオートメーションと材料

第155回 LCAを支える機素材料の基本−10:鉄系材料の加熱処理制御

 ここでは鉄系材料の性質制御の第2ステップ「鍛える」プロセスを概説します。

図

(1)「鍛える」プロセス

 材料組成で材料の性質を制御した後に、鍛造や焼入れなどの工法で性能改善が可能です。
 大雑把には、鍛錬と熱錬の2種類の「鍛える」プロセスがあります。

図

(2)「鍛える」プロセスの前処理の重要性

 一般に購入する鋼材は素材生産プロセスの圧延や鍛造で板形状や棒形状に成形され、納品されます。この状態では、素材内部に残留応力や不ぞろいな結晶粒などが残っています。
 精密な機械部品を製作するには、素材に残る残留応力などを焼なまし処理(例:800〜850℃、空冷)を行い、「素直な」素材に戻す必要があります。この処理を省き「鍛える」プロセス:熱処理を行うと変形が現われます。

 次回では、熱処理とLCA設計について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る