エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2004年05月28日

カテゴリ : ローコストオートメーションと材料

第162回 LCAを支える機素材料の基本−17:焼入れ方法と特徴

 焼入れの熱処理方法と特徴を解説します。

(1)焼入れの熱処理方法

 熱処理装置の分類は、処理目的、熱源種類、ワークの搬送方式などで大きく分類します。焼入れの熱処理方法は【図1】の様に分類できます。

図1

(2)各熱処理方法の解説

(a)高周波熱処理装置(【図2】参照)

図2

高周波焼入れは、高周波誘導電流の周波数が高いほど金属表面側を流れる性質を利用するもの
周波数の選択で熱処理深さがある程度制御できる(低周波側の使用で内部まで焼入れ効果)
高周波発振器、加熱コイル、冷却装置で構成

■特徴
1. 直接加熱のため熱効率が高く、処理時間もはやい
2. 局部的な焼入れが可能
3. 処理ワークの耐疲労強度が強くなる

(b)炎熱処理装置
アセチレンガスやプロパンガスと酸素による火炎でワーク表面を焼入れ処理する方法
火炎と冷却剤散布を組合わせて処理したり、予熱処理を加えるなどの処理方法がある

■特徴
1. ワークの大きさや形状の制約をあまり受けない
2. 部分的な焼入れ処理が可能
3. 設備が安価だが、処理条件が不安定となる欠点がある

 次回は、浸炭処理について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る