エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2004年09月10日

カテゴリ : 直動部品

第176回 パイプシャフトの使用事例

 パイプシャフトは、シャフトの軸中心に貫通穴を持ったもので、次のような特徴があります。

■パイプシャフトの特徴
1. シャフトの貫通穴を有効利用できる
2. 同一径のシャフトに較べて軽い
3. 注意点として、貫通穴はシャフトに対して同芯度は出ていないので、精度を狙ったガイド穴などには使用できません。

 それぞれの特徴について事例を紹介します。

(1)シャフトの貫通穴を有効利用する
(a)シャフトの冷却
直動案内のシャフトが摩擦熱により温度上昇することを抑えるために、パイプシャフトの端部に冷却用エアーや冷却水の配管を繋ぎ、貫通穴に冷却エアーや冷却水を流し込む。

(b)配線、配管用ガイド
シャフトを直動案内とする機構で、駆動部がカバー等で遮断される場合などのモーター類の配線や、エアーシリンダ用エアー配管等のガイドとして活用。<【図1】参照>

図1

(2)同一径のシャフトに較べて軽い

 シャフトを往復運動させる場合は、シャフトの重量が往復運動用アクチュエータ(モーターやエアーシリンダなど)の容量選定に関係してきます。アクチュエータの容量を可能な限り小さくすることでアクチュエータ低価格化、省エネ、モーター発熱抑制の効果が得られます。ただし、パイプシャフトの場合は、しゅう動騒音が貫通穴のない一般シャフトに較べて大きくなる欠点があります。<【写真1】参照>

写真1

 次回は、シャフト以外の直動案内の種類を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る