エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2004年11月19日

カテゴリ : 位置決め技術

第185回 位置決めピン/ガイドの使用事例−4:位置決めピンとブシュ

 ここでは、位置決めピンと位置決めブシュをペアで使用した事例を紹介します。

位置決めピンと位置決めブシュのペアの使い方

 位置決めピンと位置決めブシュは、次の狙いのためにペアで使用されます。

1. 位置決めブシュ(または位置決めピン)を交換可能とすることで、摩耗による位置決め精度の劣化を抑え、長期間の安定精度を維持させる。
2. 位置決め用アクチュエータ(例えば、ピック&プレイス用ツイストシリンダなど)の遊びを位置決め、ピンとブシュのペアで小さくし、位置決め精度を向上させる。

■解説1

 フリーフロータイプの自動機にはキャリアを多数使用しますが、軽量でかつそれぞれのキャリア精度を長期間維持させるには、アルミ材の基板に位置決めブシュを挿入し、上記 1. を実現させます。

■解説2

 【図1】は、項目—<3>の事例です。ツイストシリンダを用いることで、直進と回転の運動をエアー駆動で得られます。バキュームパッドで小型基板を移載している事例です。ツイストシリンダの軸構造のガタ(遊び)を、位置決めピンとブシュで小さくしています。
 長いピンを挿入する場合は、空気抜き用の溝がないとピンとブシュが抜けにくくなります。ブシュ側に逃げ穴か、ピン側に溝を持たせます。

図1

■解説3

 【写真1】は、X軸—Y軸の直動ユニットを用いた移載ロボットと、回転機構の2ユニットからなるゲームマシンです。設計変更によるユニット改造を短時間で行えるよう、2つのユニットは独立基板上に組付けて、それぞれ位置決めピンとブシュで本体の架台に設置されています。

写真1

 次回では、いろんな形状のワークの位置決めについて事例を紹介します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る