エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年01月14日

カテゴリ : センサー技術

第192回 センサーの取付け方法−3:光電センサーの取付け事例

 光電センサは透過タイプ、反射タイプの2種類があります。色々な光電センサの取付け事例を紹介します。

光電センサの取付け方法

(1)光電センサの構成、特徴など
(a)透過タイプの場合
透過タイプには、対向式透過タイプとリフレックスリフレクタタイプがあります。前者は光を出す投光器と光を検出する受光器で構成されます。後者は投光器と受光器が一体化されたユニットと反射板で構成されます。
透過タイプは、不透明なワークが光をさえぎることで検出します。
対向式透過タイプでは、センサ間距離が長くなると光軸調整が重要です。
リフレックスリフレクタタイプの場合は、検出ワークの表面反射特性に注意が必要です。

(b)反射タイプの場合
反射タイプは、投光器と受光器が一体化されたユニットのみの構成です。検出ワークの表面の反射特性により、動作距離が変化します。
周囲からの反射光の状態や明るさの変化などからの影響をうけるため注意が必要です。(光の遮蔽などによる検出ワーク周囲の環境安定化の工夫)

(2)光電センサの取付け事例
【写真1】は、対向式透過タイプの光電センサの事例 写真1

【図1】は、光ファイバ形の光電センサによるストッカ内の部品検出の事例 図1

【図2】は、プレス機の安全センサに多用されるリフレックスリフレクタタイプの事例 図2

【図3】は、コンベア上のワーク検出の事例 図3

 次回からは、リニアモータ(シャフトモータ)の特徴とLCAへの応用方法を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る