エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年04月22日

カテゴリ : ローコストオートメーションと計測

第206回 LCAと計測−2:測定機器/手法とLCA

 始めに、「計測」と「測定」の言葉の解釈を明らかにします。

・「計測」とは・・・特定の目的に応じた測定を行い、その結果を用いることによる目的の達成に至るまでの行為
・「測定」とは・・・基準として用いる量を比較して、量を数値と単位をも用いて表すこと

図

 したがって、「LCAと計測」の関係は、LCA製作に必要な各種の測定を行い、目標のLCA性能を実現させることです。

(1)LCAに必要な代表的な測定

 ・LCAに必要な主な要求性能は次の3項目がありますが、ここでは [1] 精度をテーマとします。

 LCAの要求性能解説
[1]精度・組付精度、加工精度、検査精度、他
[2]生産性・処理速度、稼働率、大きさ、フレキシブリティ、他
[3]製作費/必要経費・製作費、メンテナンス費、エネルギー費、他

(2)代表的な測定用機材

 上の【表】の精度を実現する為には、(ア)静的精度と(イ)動的精度の2種類の性能が必要となります。

・「静的精度」とは・・・測定時間に変化しない測定量の精度
・「動的精度」とは・・・時間により変化を生じる測定量の精度のことで、動きをもつものの運動状態の精度などが代表例

【表】LCAの精度測定に必要な測定用機材類(写真参照)
 精度の例測定用機材類
静的精度四角形の加工部品ノギス、マイクロメータ、定盤
円筒ピンマイクロメータ
組付け平行度ダイヤルゲージ、スタンド、定盤
シャフトの真円度真円度測定器
曲面形状3次元測定器
複雑な加工形状3次元測定器
動的精度直進精度(ゆっくり)ダイヤルゲージ、定盤
同上(高速)非接触変位センサー(レーザー型、静電容量型、他)、スタンド
回転精度(高速)同上

図1

 次回からは、代表的な測定機器の特徴と使用上の注意点などについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る