エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年05月06日

カテゴリ : ローコストオートメーションと計測

第207回 LCAと計測−3:ノギス

 ノギスは、機械加工の粗仕上げ、中仕上げ時に加工部品をチェックしたり、公差が大きな加工部品の寸法を測定するときに使用されます。最小読取り値は0.05mm、または0.02mmのものがあります。

(1)ノギスの解説(【写真1】【写真2】)

標準的なノギスの主要部名称を【写真1】【写真2】に示しました。
【写真1】は、本尺と副尺(バーニヤ)を用いて測定するタイプです。
【写真2】は、読取り値がデジタル表示計に直接示されるタイプです。
2種類のノギスともに、外側(外径、外形)寸法・内側(内径、内形)寸法・深さの3種類の寸法を測定できます。

写真1

写真2

(2)ノギスの読取り方

ノギスを用いた寸法測定の読取りは、本尺と副尺(バーニヤ)の二つの目盛りを使って行います。
標準的な副尺(バーニヤ)は、本尺のn—1目盛をn等分した目盛です。
標準的な副尺(バーニヤ)は、1/20と1/50の2種類です。

■目盛の読取り方(【図1】の場合)

図1

1. 副尺目盛のゼロ指示が示す本尺の目盛の数値を読み取る。
→この場合は、7mmと8mmの間にあるので、測定値は(7+α)mmと分ります。
2. 本尺と副尺の目盛が一致しているところを見つけ出します。
→この場合は、図—1より副尺の4本目が本尺目盛と一致している
3. ノギスの副尺目盛が1/20を使った場合は1目盛=0.05mmなので、副尺の一致する目盛数に0.05を乗じてα値を算出。
→この場合は、α=0.05x4=0.20mm
4. 以上より、7mm+0.20mm=7.20mm が寸法測定値です。

(3)測定時の注意点

測定前に「ノギスの基点が一致しているか?」を確認して、ゼロ値の精度を確かめます。
測定物をはさむ箇所(ノギスのジョウやくちばしの部分)は、出来るだけ本尺に近い箇所を使います。(「アッベの原理」に対する精度向上のため)
ノギスの測定箇部位(ジョウ、くちばし、デプスバー)の測定面は、測定対象物に正しく接触させること。(【図2】参照)
測定力は、強すぎず/弱すぎず、できるだけ一定の力で測定します。
目盛の読取りは直角方向から読む。
使用後は、汚れをふき取り、湿気や温度変化の少ない場所に、変形させないように保管します。

図2

 次回は、ミクロンの精度まで手軽に計測できるマイクロメータについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る