エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年05月20日

カテゴリ : ローコストオートメーションと計測

第209回 LCAと計測−5:ダイヤルゲージ

 ダイヤルゲージは、測定子の直線運動(または円弧運動)を機械的に拡大し、その動きを指針と目盛で測定する長さ測定器で、代表的な最小読み取り値は0.01mmと0.001mmの2種類です。

ダイヤルゲージの解説

(1)ダイヤルゲージの特徴
1. ダイヤル目盛と指針で直読できるため、読み間違いや読み取り誤差が少ない
2. 小型・軽量・安価で取り扱いも容易
3. 広い測定範囲を連続して測定できる
4. 複数個所の測定を同時に処理することができる

写真1、写真2

(2)ダイヤルゲージの種類

 ダイヤルゲージの種類は、次の項目で分類されています。

【表1】使用目的に応じたダイヤルゲージの種類
ダイヤルゲージの名称主な測定用途
標準型ダイヤルゲージ標準的な長さ測定
シックネスゲージ厚みや外径の測定
ダイヤルデプスゲージ深さや高さの測定
ダイヤルキャリパゲージ外径、内径やすきまの測定

(3)ダイヤルゲージの性能

 JISに規定されているダイヤルゲージの性能を【表2】にしめします。

【表2】JISに規定されているダイヤルゲージの性能 単位:μm
種目(目量)測定範囲広範囲行き精度狭範囲行き精度もどり誤差繰返し精度
普通型
0.01mm
(JISB7503)
5mm

10mm
10

15
8

8
5

5
3

3
普通型
0.001mm
(JISB7509)
1mm
2mm
5mm
3
5
8
2
-
-
2
2
2
2
2
2

(4)保持具について
 ダイヤルゲージは、単体としては、測定器としては利用できません。保持具に固定して測定します。 図

(5)ダイヤルゲージ使用上の注意点
測定物の測定点形状に適した測定子の形状(球、平面、円錐形状など)を選定
測定方法は、マスターゲージとの比較で測定するか、ダイヤルゲージから直読で測定するかを選択。前者の場合は隣接誤差の少ないもの、後者の場合は広範囲行き精度に優れるダイヤルゲージを選定
スピンドルを作動してなめらかに動くことをチェック
測定子を測定物の測定点上で数回測定して、指示値が安定しているかどうかチェック
視差による誤差を最小にするため、目盛板を真上から読み取ること
測定物が測定力で変形するような場合は、測定力による影響を考える必要がある。また測定方向(行き、帰り)の違いで測定力に差があるため、行きと帰りによる同一個所の測定は避けること

 次回は、ブロックゲージゲージについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る