エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年08月05日

カテゴリ : ローコストオートメーションと計測

第219回 LCAと計測:計測器の静特性と動特性

静特性と動特性

(a)静特性
■「静特性」とは

 入力が時間に対して変化しない場合の特性。感度、直線性、ヒステリシス差などがあります(【図1】参照)。

図1

「感度」とは
測定器が測定量の変化に応じる度合い(敏感さ)を表すもの。感度が高いほど、測定器が持つセンサの信号が検知できますが、反面、周辺ノイズなども拾いやすくなります。
「直線性」とは
測定器の入力と出力の信号間の直線関係からのずれの大きさのこと。指示値と測定量との間に1次の比例関係があることを直線性があるといいます。
「ヒステリシス差」とは
測定の前歴によって生じる同一の測定量に対する測定器の指示値の差。

(b)動特性
■「動特性」とは

 入力が時間的に変化する場合の特性。定常応答と過渡応答でできています(【図2】参照)。

図2

例:1軸駆動ユニットの運行状態の場合、始動時と停止時の加速度を変動させる駆動制御状態が過渡応答、安定走行状態(加速度が変化しないとした場合)が定常応答といえます。
定常応答
定常な入力信号に対する応答であり、周波数応答という。
過渡応答
計測器にある定常状態から別の定常状態へ突然変化する入力信号を与えたとき、出力信号がこれに追従しようとするときの応答特性。

 次回は、測定におけるノイズについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る