エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年10月28日

カテゴリ : 自動化要素技術

第230回 ばねの設計−9:ばねの固定方法

 ばねの両端固定法は、ばねの挙動安定性を得るために重要です。圧縮コイルばね、引張りコイルばねともに、ばねの両端部での好ましい固定方法があります。ここでは、両ばねの固定方法とその特徴を解説します。

(1)圧縮コイルばねの固定方法

 圧縮コイルばねの両端固定方法は、ばねの保持状態の自由度や座屈回避、荷重点のズレ防止などの観点から、下のような固定方法(【図1】)が採用されます。なお、中央の(b)両端固定方法は、製造の容易さの点から、ミスミ:コイルスプリングワッシャ(SPGCCなど)を利用するか、ガイド穴を両端に持たせ、そこにばねを落とし込んで保持する方式が一般的です。

図1、図2

(2)引張りコイルばねの固定方法

 引張りコイルばねは両端部に色々な形のフックがあります。a)は最も標準の形状、b)、c)の特徴は次の内容です。

フック形状特徴
Vフック取付け相手とバネフック部の遊び(ガタ)を小さくできるので、計測機器用ばねに多用される。
角フック取付け相手側の形状が平板形状の場合に採用される。

図3

a)丸フックの場合は、ミスミ:引張りばね用ポスト(ASPO、ASPLなど)を利用すると調整が簡単です。(【写真1】) 図3

 次回は、金属やプラスチックなど各種ばね用材料について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る