エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年12月09日

カテゴリ : 設計のヒント

第236回 LCA設計の現状と課題解決の着眼点−1:LCA設計者を取り巻く環境

 「モノ造り」で成り立つ産業では、低価格・高品質・短納期は競争優位の条件ではなく、当たり前の前提条件となっています。競争優位性は、「如何に早く優れた新製品を出し続けられるか」となっています。この環境での、LCA設計の現状と課題解決の着眼点(ヒント)について解説してゆきます。

(1)LCA設計者を取り巻く環境

図1

(2)開発スピード短縮のアプローチと環境解説

 開発スピードの短縮化のために、例えば次のような施策がとられています。

(1)コンカレントエンジニアリング・・・社内の製品設計/生産設備調達/新製品認定作業の同時進行化

新製品設計〜量産までの間には、次のようなイベントがある。
赤の矢印が垂直になるほど、コンカレントエンジニアリングされていることとなる。

図

 赤の矢印を垂直にすることと、そのなかのイベントの失敗による繰り返しを避けるために、LCA設計者には次の能力が求められます。

■LCA設計者への要求事項
未完成の部品図・仕様情報を元に、試作で品質が作りこめるツール類(治具、設備改造)を短納期で調達できること。
短納期で量産用の多種類の設備治具類を、低投資で改良設計・調達できること。

 次回は、製品仕様/設計変更への対応策について情報提供します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る