エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年12月16日

カテゴリ : 設計のヒント

第237回 LCA設計の現状と課題解決の着眼点−2:仕様/設計変更への対応

 コンカレントエンジニアリングが要求されるなかで、LCA(ローコストオートメーション)設計者に求められる能力に有効な施策を紹介します。

■LCA設計者への要求事項
未完成の部品図・仕様情報を元に、試作で品質が作りこめるツール類(治具、設備改造)を短納期で調達できること。
短納期かつ低投資で、量産用の多種類の設備治具類を改良設計・調達できること。

(1)製品仕様/設計変更への対応施策-1

図

 V-R設計手法は、「第8回:多種少量生産対応の良い設計について」で解説しています。

1. LCA設計構造を固定部+変動部に分けて構成
2. 固定部は基本仕様実現のためのユニット
ベースマシン、プログラム言語/アルゴリズム、入出力仕様、その他
3. 変動部は多種仕様実現のためのユニット
ワークホルダ、工具ユニット、加工条件プログラム等

(2)製品仕様/設計変更への対応施策-2

図

■解説

 下図は設計作業の分析結果です。部品図設計の比率が高く、この中でも特に、類似石設計と流用設計にCAD設計の効果が現れます。

図

■設計作業の分析結果
・部品図設計が50%を占めている。
・その50%の中身は類似設計と流用設計で70%を占める。
・この70%の作業のミス防止がCAD効果の狙い目となる。

速い・・・設計データベース(標準部品、類似設計)の活用と修正の容易さ。
ミスレス・・・組立図からの転写で部品図作成やオンスケール製図によりミスが防がれる。
(カタログ寸法を見て作図する作業で寸法ミスが多発する)
楽に・・・単純トレースと高度設計作業の分業化が可能となる。標準化設計によるムダの排除。

 次回は、設計・製図作業におけるミスの代表例について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る