エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2005年12月26日

カテゴリ : 設計のヒント

第238回 LCA設計の現状と課題解決の着眼点−3:設計・製図作業のミス

 ここでは設計・製図作業プロセスで生じやすいミスの種類を、具体的に書き出しました。

(1)設計プロセスのミス

 LCA設計者が設備仕様書を受け取った(または、自ら作成した)後に、設備の構想を進めながら具体的に設計・製図を終えるまでのプロセスは、大きく次の2つに分けられます。

■LCA設計製図プロセス
1. 設計プロセス
仕様を工学的に成り立つ構造に持ってゆく思考作業
2. 製図プロセス
設計プロセスで描き出した構造案を図面化する作業

 この2つの設計・製図段階で生じ易いミスには、次のようなものが挙げられます。

図

(2)設計プロセスにおけるミスの防止策

(1)設計段階のミス防止策

 この段階は個人作業が中心となるため、思考過程の第三者チェックがやり難いことから、思考過程で行った運動解析や計算の履歴を記録ノートに残し、再確認できることが重要。

(2)製図段階のミス防止策

 CAD設計が一般化したため紙図面での検図頻度が少なくなっている。設計完了後すぐに出図せずに、1〜2日程度保留させることで、次のようなミス防止効果が期待できる。

製図中に検討不足であった不適切な箇所の代案が浮かんでくる。
標準化や共通化などのし残し作業が対応可能となる。

 次回は、設計作業のスピードアップについて解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る