エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2006年03月03日

カテゴリ : クリーン化技術

第247回 クリーンルーム対応LCA−7:クリーンルーム用LCAの配置構成

 クリーンルーム環境で使用するLCA装置(ローコストオートメーション装置)の機構部の配置構成は、次の2つの知識を重視して設計します。

1. 局所クリーン環境の形成タイプ(第244回参照)とLCAの関係で考える。
2. コンタミネーションによる弊害を避けたい作業領域に対して、クリーン化三原則(第241回参照)を成立させる。

 ここでは項目2.について、クリーンルーム用LCA装置の配置構成を解説します。

クリーンルーム用LCA装置の配置構成とクリーン化三原則

(1)コンタミネーションを持ち込まない
動きを持つLCAからは必ず発塵します。プロセスコア(作業領域)にコンタミネーションを持ち込まない配置構成がLCA機構設計のポイントです。
コンタミネーションは気流と重力(自然落下)により持ち込まれるため、この影響をさける機構配置を考える。
■例
a)駆動部からは摩耗による発塵や潤滑油の飛散などが生じます。これらはある程度重たいコンタミネーションのため重力による下に落下します。クリーンなプロセスコアを得るには駆動部系はプロセスコア部より下に配置します。(ウォーキングビーム搬送機構の場合など(【図1】参照))
b)
加圧乱流型の簡易クリーン設計の場合は、コンタミネーション発生箇所の近くに排気口を設けたり(【写真1】)、機構部全体をカバーして局所排気(【図2】参照)の処理を行う。 写真1

図1

図2

(2)コンタミネーションを出さない
この項目は、配置構成よりも選定材料の関連が強い。

(3)コンタミネーションを堆積させない
ワーク(基板など)に付着・堆積しにくい治具方向の構造と配置とする。 ■例
a)ワークを裏返しに保持する治具、垂直に保持する治具など
b)ワーク上面に気流の澱みを造らない(【図3】)
清掃効果を上げるため、気流の流れに対し発塵させる機構ユニットを分散配置させずに、気流の下流域に集中的に配置させる。

図3

 次回は、クリーンルーム用LCA装置に採用する素材類を紹介します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る