エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2006年04月14日

カテゴリ : クリーン化技術

第252回 クリーンルーム対応LCA−12:コンタミネーション量測定技術

 ここではクリーンルームの環境測定として、クリーン度の評価基準となる浮遊微粒子の測定と、LCA装置などが周辺に与える汚染状態を評価する表面汚染測定法について解説します。

(1)浮遊微粒子の測定方法

 クリーンルームのクリーン度は浮遊微粒子の数量で表現します。この計測にはISO規格に定められた測定法があり、この測定法で計測されたクリーン度で表現します。クリーン度の規格は、[1] 米国連邦規格 FS 209E-1992、[2] JIS B 9920-1989規格、[3] 国際標準規格ISO 14644-1の3種類があります。主には [3] のISOが採用されます。

浮遊微粒子の測定法測定原理
1)顕微鏡法吸引ポンプでクリーンルーム内の空気を吸引し測定試料上に捕集した微粒子サイズを顕微鏡で測定する
2)光散乱式自動粒子計測器法0.5μm以上のクリーンルーム内の微粒子を光散乱式粒子計測器に取り込み、サイズと数量を自動計測する

図1

(2)表面汚染測定法

 クリーンルームで使用するLCA自動機等を設計製作する担当エンジニアは、LCA自動機自体がどの程度の汚染を周囲に生じさせているかを知ることは重要です。次表の方法で簡単に測定できます。

表面汚染の測定法測定原理
1)顕微鏡観察法-1きれいなガラスやシリコン基板をLCA装置の近くなどの定点観察場所に一定時間さらした状態で落下汚染物を捕集し、顕微鏡でサイズと種類を見分ける。必要があれば、成分分析で汚染物の特定も行う。
2)顕微鏡観察法-2粘着テープをLCA装置の近くなどの定点観察場所に一定時間さらした状態で落下汚染物を捕集し、顕微鏡でサイズと種類を見分ける。

 次回は、クリーンルームで使用する機器の静電気災害とその対策原理について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る