エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2006年08月04日

カテゴリ : 自動化要素技術

第267回 ねじ−8:ボルトの締結強度保証の常識(コモンセンス)

 強度区分が高い鋼製ボルトを選定しても実際の使い方に問題があると、保証されたボルトの強度(引張強さなど)は保証できなくなります。ここでは、ボルトを用いた場合の締結の基本(常識のレベル)を図解します。

(1)ボルトのナットの組合せの場合

ボルトとナットの締結強度は、おなじランクの強度区分のボルトとナットが正常に使用された場合の保証値です。
正常に使用された場合とは、ボルトのねじ山の数が標準厚さのナットの全てのねじ山と締結されている場合のことです(【図1】)。
【図2】の使い方が異常な使い方の事例です。ナット厚のねじ山の全てが有効に利用されていない状態です。
【図3】は、不完全ねじ部が長すぎる場合やショルダーボルトを間違って使用した場合などの事例です。ボルトとナットで被締結体が正常に締め付けられていません。

図1

図2

(2)ボルトとめねじの場合

めねじにボルトで別部品を固定する場合は、めねじを切る側の材料強度に応じた、めねじ部の適正設計が必要です。

事例
1. 材料強度が弱いもの(例えばアルミ材など)の場合、めねじ側のねじ山部の強度を増大させるためにめねじ深さを長く設計する。
2. めねじ深さを長く設計できない場合には、ねじインサート(ミスミ:HLTSなど)で補強する。

図3

 次回は、ねじの製造方法について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る