エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2006年10月20日

カテゴリ : 設計と加工

第277回 自動機部品の加工技術の基礎−1:自動機価格と設計の関係

 設備設計者は部品設計の時点で、その部品の加工法を想定し、部品形状を決める能力が求められます。加工法の理解が低いと、不必要に加工費が高額になったり、加工ができない部品形状を設計してしまう、などのトラブルが生じます。
 以降では、機械加工法と加工技術の基本を解説してゆきます。

図

 自動機や治具の製造原価は、後者の個別設計加工部品と個別制御プログラムの加工費(設計費+加工費)が大きな比率を占めます。さらに、個別要素の出来映えは組立の効率にも大きく影響を与えるため、最終的には完成品の原価に大きく影響を与えます。したがって、個別要素部分が設備設計者の腕の見せ所です。(また、多機種化対応などの生産性の要素も、この部分の設計に盛り込まれます)

図

 個別設計加工部品は、自動機や治具の機能を実現させるための部品や、標準品では取り扱わない特注形状の部品のため、次のような技術課題を伴う場合が多いため、加工が難しい加工に成りがちです。

■個別設計加工部品の技術課題
1.複雑形状を持つものが多い
2.寸法公差を指示される部品が多い
3.特別の材料(硬度が高い、プラスチックやセラミックなどの非金属材など)で加工が難しい

 ベテランの設備設計者は設計する部品の加工法を想定し、概略の加工単価を見積もって設計を進めます。

写真

 次回は、機械加工時間の読み方の基本を解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る