エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2006年11月10日

カテゴリ : 設計と加工

第280回 自動機部品の加工技術の基礎−4:切削加工法

 切削加工は硬く先の尖った工具で切屑を出して材料を加工する工法の総称で、次の特徴があります。

■切削加工法の特徴
1. 金属、プラスチック、セラミック、木材など色んな被削材の加工ができる。
2. 複雑な形状を加工できる。
3. 加工に必要なエネルギーが他の加法に較べて少なく効率が高い。

 工具の動きで次のように分類できます。

図

(1)旋削加工

 加工される材料が回転し、棒状工具(切削バイト)を材料に押し当て切屑をだす加工する工法で、次の3つの形状加工がある。

図1

(2)フライス削り

 工具を回転させ、その工具の回転で造り出される形状に材料を削りだす工法で、平面形状や曲面形状の加工が可能。

図2

(3)穴あけ

 機械部品で最も加工量が多い加工法で、穴加工の工法

図3

 次回は、代表的な加工形状と使用される切削工具について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る