エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年01月19日

カテゴリ : 設計と加工

第288回 自動機部品の加工技術の基礎−12:穴加工される部品の形状設計の留意

 穴加工は大きく次の3種類の工法で加工されます。

写真

 この3種類の工法のなかでも、特にa)がコストパフォーマンスの良さから一般的な穴加工法と言えます。
 以下では、ドリル加工の場合に形状設計で注意すべき事例を紹介します。

■ドリル加工の場合に形状設計で注意すべき事例
ドリルの穴加工はドリルを回転させ、押付け力回転速度で金属などを切削してゆきます。
この時、ドリル先端の尖った部分(名称:チゼルエッジ)の中心は半径がゼロのため、回転速度はゼロで静止している状態といえます。
このチゼルエッジ部の役割は硬い金属(被削材)に食い込み、切削のきっかけを形成させることです。
被削材の加工面に対してドリルが垂直に押付けて加工する場合は、チゼルエッジは被削材に対して垂直に切り込んでゆくことができます。
しかし、被削材とドリルが垂直でない場合、ドリルのチゼルエッジ部が加工面にうまく食い込まずに逃げる(ドリルがたわむ)力が働くため、穴加工が曲がってしまう場合があります。
したがってドリル穴加工の場合、ドリルが垂直に当るように、加工面形状を設計することが好ましいです。

【事例-1】傾斜面へのネジ切り加工の場合

図

【事例-2】円形外周部への穴加工の場合

図

 次回は、加工部品のエッジに生じるバリ処理の留意点について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る