エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年04月20日

カテゴリ : 設計と加工

第301回 自動機部品の加工技術の応用−9:精密組立基準面の形状と加工法−1

自動機などの精密組立の場合の組立基準面の設計と加工

自動機などの組立機構には、大きな力(圧縮・引張力、慣性力など)が長期間にわたり繰り返し加えられることが多いため、平面精度の出た2部品をボルト締結するのが一般的な組立法です。
広い面積を合わせて組み立てることは単位面積当たりの荷重を小さくできますが、組立の段階で2面の間にわずかな異物等をはさませないことが難しいため、必要以上に広い合わせ面は避けます。
力のかかる方向(または運動方向=慣性力が作用する方向など)に沿って合わせ面に逃げを形成して、位置決め平面を設計します(例:【写真1】スライドガイドのスライダ上面の逃げ)。
加工は、逃げ部はフライス加工程度の精度で十分ですが、大きな残留応力が残る粗い加工は好ましくありません。基準面部は精密平面研削盤で細かな粗さ(Ra0.05など)に仕上げ、エッジ部のバリを無くすための面取りが必要です。

301_1.gif

301_2.gif

301_3.gif

 次回は、精密測定用の精密基準面について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る