エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年05月11日

カテゴリ : 設計と加工

第304回 自動機部品の加工技術の応用−12:量産部品と加工部品の違い

 自動機部品の場合でも、量産部品(使用数量が多い場合)と特注の加工部品(加工個数が少ない場合や特別の精度が必要な場合など)では部品の加工方法が異なってきます。このような場合には、それぞれの加工方法に適した部品形状の設計が必要です。

事例:イケール部品・・・写真参照

a)量産部品の場合
鋳型を製作し鋳物として粗形状品を生産し、その後に基準面をフライス加工等で仕上げる生産方法がコスト面で有利です。

b)特注の加工部品の場合
この場合は、鋳型の製作費が無駄になるためイケールを数個の部品(Lブロックと補強板)に分解し、これを溶接接合した後に、基準面を仕上げ加工します。
溶接接合の場合の仕上げ加工は、溶接による変形(熱ひずみによる変形)の除去と基準面の平坦化加工です。フライス加工が一般的です。

304_1.gif

304_2.gif

 次回は、機械加工の固定の安定性と形状について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る