エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年05月18日

カテゴリ : 設計と加工

第305回 自動機部品の加工技術の応用−13:機械加工の固定の安定性と形状

 自動機部品の場合、量産部品と特注の加工部品では部品の加工方法が異なってきます。この場合、量産部品は量産用加工技術に適した形状で量産されます。一方、機械加工は1個づつまたは複数個を加工装置のテーブル上に固定し、NCプログラムで自動加工するかマニュアル作業で加工します。この様に、量産部品と特注部品では全く異なる加工法が採用されるため、特注部品設計の場合には、設計者は安易に量産部品の形状を真似て設計する失敗を犯さないことが重要です。

305_1.gif

事例:フランジ部品の場合

a)量産部品の場合・・・【図1】
鋳型を作り鋳造品で粗形状品を生産し、その後に精度を要する部分の追加加工を行う。
この場合、外形形状は鋳造流れを均一にさせるため対称形状に設計するのが好ましい。
したがって、機械加工時に必要な固定基準面などは持たない形状で部品設計されている。

b)特注の加工部品の場合・・・【図2】
生産数量が少ない場合は機械加工で製作するが、この場合、上の量産部品と同じ形状では機械加工が難しい、または、段取りロスが多い場合などが多くある。
したがって、機械加工に適した部品形状に設計変更することが好ましい。【図2】の場合は、機械加工の固定基準面を持つ形状に変更している。
量産部品と同じ形状に加工する場合、次のような問題が生じる可能性がある。
(1)固定面の高さが異なるため、適切な板厚の基準スペーサを準備する必要がある。
(2)上記の(1)を工夫しても、中間の薄板部は支えがない状態での加工となるため、加工時にビビリ振動が生じる恐れがある。

305_2.gif

 次回は、ボルト固定穴の形状と留意点について解説します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る