エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年07月20日

カテゴリ : 設計のヒント

第313回 仕様書編−6:見積仕様書とは

 購入仕様書の配布を受けた受注希望企業は、見積仕様書<下記参照>と見積書で回答を出す必要があります。購入仕様書に回答を出すとは受注競争に参加することです。したがって、営業部門が責任部門となり、技術部門は技術的に優れた提案書を営業に提出する関係になります。

見積仕様書とは・・・購入仕様書を満足する製作物品(設備、自動機など)の説明資料
見積書とは・・・・・見積仕様書の製作物品の売値、納期、関連条件などを明記した回答書

購入仕様書と見積仕様書の関係

見積仕様書は購入仕様書の要求内容に従って作成しますが、客先の要望の全てを文章や数値で購入仕様書に表現することはほとんど不可能と言えます。したがって、この不完全な部分を相手の立場になって解りやすく見積仕様書に表現し、相手を納得させることが非常に重要になります。

■例
*対象の業界常識となっている技術水準や安全規準
*購入者側の設備調達方針・・・専用機化志向か汎用ユニットのモジュール構造化志向かなど

購入仕様書の入手から受注までのフロー

313.gif

 次回は、見積仕様書の不備によるトラブル事例を紹介します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る