エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年09月14日

カテゴリ : クリーン化技術

第320回 クリーンキャスタ

 クリーンルームのクリーン度の正常化と、その維持を実現させる3つの原則があります。

■クリーン環境適正化の3原則
(1)コンタミネーションを持ち込まない。
(2)コンタミネーションを出さない。
(3)コンタミネーションを堆積させない。

(1)キャスタが転がるクリーンルームの床の状態

クリーンルーム内では、クリーン度のレベルに応じてフィルターリングされたクリーンエアーで内部の空気が置換されていますが、床の上には、気流で廃棄されなかった色々なコンタミネーションが付着しています。
したがって、床上のコンタミネーションを効率的に処理するクリーンルームの構造(グレーチング床)と、清掃作業による排除で対応しています。

(2)クリーンルーム用キャスタに求められる性能

 クリーンルーム用キャスタにも「クリーン環境適正化の3原則」を実現させる性能が求められます。

320_1.gif

a)コンタミネーションを持ち込まない性能のために

 床上に堆積したコンタミネーションをキャスタのタイヤで他のクリーンルーム持ち込ませないために、タイヤを帯電防止性に優れたウレタン材を採用。

b)コンタミネーションを出さない性能のために

 クリーンキャスタは次の性能を持っています。

(1)錆を生じないSUS材の採用
(2)低発塵性のクリーングリスの採用
(3)低硬度ウレタン(オクトロン)の採用による走行摩耗の抑制
(4)カーボン汚染の回避

320_2.gif

c)コンタミネーションを堆積させない性能のために

 清掃がし易いシンプルな構造と、グリス類は軸受部に封入された構造を採用しています。

(3)応用事例

 下記の事例のようなクリーンルーム内で使用する設備や備品類のキャスタとして適しています。

クリーンルーム内で使用し、レイアウト変更が頻繁にある設備や機材類用(多機種化対応用など)
  同   上 の多工程で使用する専用ワゴン(ガスボンベ、薬液などの副材搬送用など)
  同   上 で使用するメンテナンス機材搬入用ワゴン

320_3.gif

 次回は、新商品「パイプローラ」を紹介します。

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る