エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年10月19日

カテゴリ : 位置決め技術

第325回 ワークホールド技術−1

 機械化・自動化の進歩により、多種多様な加工物(ワーク)が装置上で付加価値を上げる加工がなされています。大は第九世代の液晶ディスプレイ用ガラス基板から、小は数百μmのチップマウント部品に至るまで、ワークを保持して自動加工が実施されます。以降ではワークホールド技術とその原理について解説します。

(1)ワークホールド技術の基本

ワークホールド技術は全ての治具類、自動組立機、自動加工機などに必要です。
ワークを何らかの方法(保持、把持、チャック)で固定する機構部を「ワークホルダー」と呼びます。
ワークを固定する保持力は、機械式、電気式、エアー圧式、油圧式などがあります。
切削加工機でも、組立自動機でもワーク(加工物)に対するワークホルダーと、工具(マニピュレータ)の機能と動作の関係は同じです。・・・【図1】参照
ワークホルダーで固定されたワークに対して、工具やアセンブリーツールを所望の動きを与えることで外形加工や部品組立を行います。

【図1】ワークホールド技術の基本

(2)ワークの外形形状の分類

ワーク外形は次の3種に分類できます。
 a)平面  b)円筒形状面  c)複雑形状面
平面は、エッジ・つば形状・段形状・面・肩部・斜面部などを持ちます。
円筒形状面は、内周円筒面と外周円筒面の2種類があります。
複雑形状面は、a)、b)に属さない面部で、これらの形状は成形部品(鋳物、鍛造、射出成形)に多いです。

(3)位置決めの分類

 位置決めの形態は次の4種類に分類できます(【図2】参照)。

a)平面位置決め
b)同芯位置決め
c)放射状位置決め
d)混合位置決め

【図2】位置決めの分類事例

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る