エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2007年10月26日

カテゴリ : 位置決め技術

第326回 ワークホールド技術−2:位置決め基準面の基本型

 多種多様なワーク外形に対応するために、位置決め基準面も色々な形や寸法のものがあります。ここでは、位置決め基準面の基本型について解説します。

位置決め基準面の基本型

(1)一体型位置決め基準方式(【図1】)
ワークホルダーそのものに位置決め基準面を機械加工で形成させたもの。
機械加工で基準面を形成させる手間と摩耗対策に欠点がある。
一体型にするため余分な材料が必要となる。
【図1】一体型位置決め基準方式

(2)組立方式基準面方式(【図2】)
この方式も位置決め基準用ツールを機械加工する手間が必要となる。
基準面部品のみを交換することができる利点がある。
基準面部品のみ使用するため耐摩耗性の高い材料が利用できる。
【図2】組立方式基準面方式

(3)位置決め基準ピン方式(【図3】)
最もシンプルであらゆる位置決め形態に対応可能な方式。
位置決め基準ピンは、多種多様なものが標準化され販売されているため入手が簡単。
この方式では、位置決めピンの配置に関する法則「3-2-1法則*(【図4】)」が採用される。
機械加工用ワークの位置決めなど、力でワークが動く可能性がある場合には、ピン形状(【図5】)とピン本数を検討してワークの移動を防ぐ必要がある。【図6】は、上方向にしか取り出すことができないが、確実な保持が可能なピンレイアウトである。
【図3】位置決め基準ピン方式

「3-2-1法則*
 3本のピンで底面(Z軸方向)基準を形成、2本のピンで平面の一方向(X軸方向)基準を形成、1本のピンで平面の残りの一方向(Y軸方向)基準を形成する構造。 【図4】「3-2-1法則」ピン配置の事例

【図5】ガタのない位置決めピン固定方式の例、【図6】各種形状の位置決めピン

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る