エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2008年01月18日

カテゴリ : 直動部品

第337回 ボールねじを極める−5:ボールねじの精度と等級

 ボールねじの精度は「精密ボールねじ」について、JIS B 1192で規定されています。ここではボールねじの精度と等級について解説します。

 ボールねじの精度を決める主項目は「リード精度」(注記参照*)です。この「リード精度」と「外観」の2項目の評価を「ボールねじの等級」と呼んで品質の区分をします。

注記*
リード精度:ナットの有効移動距離又はねじ軸のねじ部有効長さに対する累積代表リード誤差及び変動、並びに、ねじ軸のねじ部有効長さの間に任意にとった300mmに対する変動、及び、ねじ部有効長さの間の任意の1回転に対する変動について規定する(【図1】)。その許容値は【表1】【表2】による。
外観:ボールねじの表面には割れ、機能上有害なきず、かえり、さびなどの欠点があってはならない。

【図1】精密ボールねじの精度解説図(JIS B 1192)

【表1】精密ボールねじの累積代表リード誤差と変動(許容値)、【表2】精密ボールねじの変動(許容値)

=JISでは=
ボールねじの精度等級は、6等級(C0、C1、C3、C5、C7、C10)に区分されます。
C0、C1、C3、C5の4等級を精密ボールねじ、C7、C10の2等級を一般ボールねじと規定しています。

=ISO3408-1:1991では=
ボールねじの等級を1、3、5、7、10の5等級に規定しています。位置決め用:1、3、5等級の3種を、送り用には7、10等級を用いるとしています。

 次回は、ボールねじの精度のリード誤差と変動の定義や用語を解説します。



Misumi-Vonaのボールねじ商品一覧をチェック

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る