エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2008年09月05日

カテゴリ : 自動化要素技術

第367回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座−21:型内組立式ローコストオートメーション−5

(1)型内組立用LCAを構成するユニット

型内組立用LCAは、次のユニットで構成されます。

ア)直動ユニット(上下方向)
イ)直動ユニット(前後方向)
ウ)圧着・かしめ・プレスユニット
エ)位置決めユニット
オ)直動アクチュエータ
カ)支柱←

(2)型内組立用支柱構造の事例

 型内組立式LCA(ローコストオートメーション)の支柱構造は、上下方向に駆動して、圧入やかしめなどの組立処理を行うユニットを保持するものです。
 このため強度と併せて、組立調整のし易い機構構造が求められます。

(1)組立調整がし易い支柱構造の事例

【図1】スタンドブラケット型の支柱

(2)高強度の支柱構造の事例

 支柱構造に強度が必要な場合は、L型アングルをそのまま支柱ブロックに応用する場合があります。
 この場合、L型アングルのサイズ(高さ、幅など)を標準化させることで、支柱構造そのもを交換式ユニットにすることができます。

【図2】溶接スタンド型の支柱

 【図3】は、背面板に直接取り付けた上下駆動ユニットです。この上下駆動ユニットは、水平/垂直/壁掛け方向のどの構造にも適用できます。

【図3】背面板取付型の支柱

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る