エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2008年12月05日

カテゴリ : 自動化要素技術

第379回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座-33:かしめの種類-2

 かしめの種類とその特徴を続けます。図の出典元は日刊工業新聞社発行の『組付け要素技術マニュアル』です。

1)つぶしかしめ

 丸棒や丸パイプの外周一部をつぶして結合させる方法です。回転が可能な簡易的な留めピンなどに利用されます。

【図1】つぶしかしめの事例

出典:『組付け要素技術マニュアル』日刊工業新聞社


2)耳板結合

 板の曲げ部品同士の結合に多用されます。一方の部品に形成された耳板をもう一方の部品に設けられた細穴に差し込み、(1)折り曲げ、(2)ひねり、(3)つぶし、などの処理で結合させます。

【図2】耳板結合の事例

出典:『組付け要素技術マニュアル』日刊工業新聞社


3)重ね板結合

 2枚の薄板や筒状のそれぞれの縁を重ねて曲げ結合させる方法です。凸形状かしめヘッドを押し付けた状態で結合部品側を移動(回転、スライド)させて重ね結合させます。

【図3】重ね板結合状態と治具構造事例

出典:『組付け要素技術マニュアル』日刊工業新聞社


このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る