エンジニアのための技術講座

ローコストオートメーション講座

掲載日:2009年01月16日

カテゴリ : 自動化要素技術

第384回 機械設計者の生産技術レベルアップ講座-38:ねじ締結の自動化-3

 ねじ締結ユニットはねじ締結自動装置の最重要機構です。ここでは代表的なねじ締結方式と自動装置の基本構造の事例を紹介します。

(1)ねじ締結の方式

 ねじ締結部の代表的な構成は次のようになります。

<自動化構成ユニットの例>

 ねじ締結ユニットのねじ締め方式には次のような方式があります。締付け力のばらつきはa)>b)>c){高精度}の順で精度が向上できます。

a)トルク制御法:電動モータ等の動力をねじ締結ユニットの回転軸に回転トルクとして伝達する方式
b)角度制御法:角度エンコーダ内装のモータでねじ締付け角度を制御する方式
c)降伏点法:ねじの締結状態の変形挙動を感知して締付け力を制御する方式

(2)ねじ締結ユニットの事例

 【図1】は空気圧式のナット締結アクチュエータ(ナットライナー)が、6軸並列に装着された自動ナット締結装置の事例です。スライドガイド上に構成された6軸ナット締結アクチュエータを、シリンダで移動した後にナット締結させます。

【写真1】振動ボールフィーダの事例

出典:『自動化機構図解集』(日刊工業新聞社)を修正

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る